cafe CANAL

top
001002
003004005006
東京在住のオーナーが、故郷での活動の拠点として計画した、コミュニティーカフェ。
長沼町の農業治水のシンボルでもある馬追運河にちなんで、cafe CANAL(運河)と名付けられました。
既存のコンパクトな建物をベースにキッチンスペースとイベントスペースをレイアウト。食品加工場として利用されていた頃の名残である、幅の大きなドアを木製に交換し、バリアフリーなアプローチを実現しています。

オーナーの帰郷時には、様々な活動を企画。地域に開放されたコミュニティーの拠点として成長することを願っている。

設計:中舘誠治、田村美紀(NDS)
施工:池内建設(長沼町)


///DATA
用途:イベントスペース(増改築)
構造規模:木造平屋建

(外部)
壁:窯業サイディング(既存)の上、再塗装

(内部)
床:タイルカーペット敷
壁:ビニールクロス貼
天井:ビニールクロス貼