北海道工業大学体育館 HIT-ARENA

top
001002
003004
005006
007008
009010
011012
013014
015016
(photo S.Sakai)
北海道工業大学(札幌市)体育館の新築プロジェクト。競技スペースであるメインアリーナを「中庭」に見立て、機能の異なる3つのボリューム(棟)によって取り囲むように計画。
そろぞれの棟から望める、中庭であるアリーナが、学生相互のコミュニケーションを誘発する。また、このアリーナを囲い込む計画は、同時に熱環境的な大きなメリットを生み出している。取り囲む「棟」により、壁面からの熱貫流を押え、基礎的な省エネ性能に貢献している。

アリーナ部分に採用された地中熱利用による床面暖房や、南側壁面に意匠性を持って設けられた太陽光発電パネルの採用など、
再生可能なエネルギーを積極的に利用したこの体育館は、札幌市内の平均的な体育館と比較し、約20%の省エネ性が試算されている。人を中心に置きながら、意匠性や環境性能まで十分に考慮された、これからの施設建築の方向性を示す建築と考えている。

 

H25年 北海道建築賞受賞


基本設計総合監修

北海道工業大学キャンパス計画プロジェクト室
佐藤孝(北海道工業大学 教授)

意匠設計
芳川朝彦、名古屋英紀(a-plus 建築設計)、中舘誠治(NDS)
中田稔(上遠野建築事務所)、山木優敬(CSA)
構造設計 佐久間拓(CSA)
設備設計 環境設備計画


実施設計・施工   清水建設


///DATA
名称:北海道工業大学 体育館 HIT-ARENA
所在:北海道札幌市手稲区
用途:大学施設(体育館)
構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨鉄筋コンクリート造3階建